2017年6月30日金曜日

華鳩

榎酒造 広島県呉市




華鳩 純米吟醸 蔵内瓶囲い ひやおろし 華コロンブ

ところで『ひやおろし』って何③
【2度目の火入れをしない訳】
日本酒では、発酵を止め、雑菌を殺し、香味を保つため、「火入れ」という低温加熱殺菌を行います。通常は2回、貯蔵する前に1度、さらに出荷直前に1度、行われます。「ひやおろし」は、この2度目の「火入れ」をせずに出荷されます。

1度目の貯蔵前に「火入れ」するのは、安定して熟成させるため。冷蔵技術が発達した現在では、「火入れ」をしない生のまま低温貯蔵することも可能ですが、それでは熟成が進まず、秋口に熟成の旨みは出てきません。

2度目の「火入れ」をしないのは、熟成による風味をそのままお届けするため。熟成中に出てきたお酒本来の香りや、馴染んだ味わいを加熱によって壊すことなく、そのまま楽しむことができます。お酒本来の香味がいきる蔵出し風味、それが「ひやおろし」です。

*出荷前の火入れを行っていないので、生酒と同じように冷蔵庫に入れて保管してください。
《日本名門酒会HPより》

ところで、この酒はどんな風味だったのか??

どんなだったのかなー???
酒杯も進み、記録忘れて、、、
すみません。(-.-;)y-~~~
☆不明


もしかしたら、2種の瓶写真をmixして掲載してしまっているかもしれません。濃い色のラベルと薄い色のラベル。二種類あったかも。



価格:2,931円
(2017/6/27 21:22時点)
感想(0件)



このお酒が飲みたいと思ったらポチットナ!


日本酒ランキング
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村